その五四八

 

 






 







 



















 

鰐口を ゆるりとゆらす あなたの鈴音

1日。夕方遅くに、初詣にゆく。
投函する年賀状を鞄にいれたまま遊行寺まで坂道を下る。
下っていると、なんか足にターボがついてるみたいになっ
て下ることがおもしろくなってゆく瞬間がある。
これは初詣に行く前のいろいろと去年はお世話になりまし
たの足のリズムなんだと思う。

例年になく空いていて、お参りするために並んでいたら、
前で手を合わせているお父さんとお母さんとにはさまれた
まんなかで一生懸命手を合わせてる女の子がいた。
なにかわからないけれど、じっと手をあわせてなにかをお
願いしているみたいだった。お父さんとお母さんはその姿
をじっとみつめつつ、笑ってる。
終わったみたいで顔をあげると、「どれだけいっぱい頼み
事したの? そんなに神様は聞いてくれるかな」って笑っ
てた。今年はじめて外でみかけた家族がとても幸せを絵に
かいたような家族でなんか、よかったなっておもう。

で、わたしは例の如くお坊さんがじっと見守っている前で
母の健康お守りを買って、おみくじをひく。一対一の図だっ たのでなんとなく、緊張した。
去年と同じ、ランキングでよかったと思ってたら、案の定、 おみくじの書き手の方はわたしのご先祖様への信心を疑っ てかかっているらしい。
う、ことしもなんかデジャヴュなはじまり。
おみくじにお叱りを受けてはじまるのが恒例になっていて、 そのときやっとあけましておめでとうございますって気持 ちになっていた。

門をあとにする時、きまってきよめられた気分になってい
るから不思議だ。手水でゆすいだ指がまだつめたかったの
に、すがすがしくて。
ふいにさっき出会った家族は、境内の中の屋台を覗いてい
たのを思い出す。あの女の子の願いがひとつでも叶うといいなって思いつつ、坂をのぼっていた。

<私を好きでいてくれる人がいること、このままの私を尊重 し認めてくれる人がいること。それが幸せだと思う>
これは去年のお正月に知ったOECD調べ、子供たちの幸福 度世界1位のドミニカ共和国の中学生チェルシーちゃんの、ことば。
去年使っていた2018年の手帳のはじまりのページに記さ れていた。こどももおとなもみんなそうであるといいなって思う。

2019年がみなさまにとって幸多い日々でありますように。今年もうたたね日記をどうぞよろしくお願いいたします。

もりまりこ

TOP