--- 令和三年 ---

その六一八 魂と にじんだ文字で 書いてある襷 一月八日

その六一九 君がそっと 君が動けば 君の風が吹く 一月十九日

その六二〇  ためらいも はじらいもなく 太陽が照る 一月三十日

その六二一  つながって つながりそこねて ふわふわの種 二月五日

その六二二  わかること 置き去りにして 忘れてしまえ 二月十六日

その六二三  いたむのは 身体じゃなくて 触れられない場所 二月二十七日

その六二四 昔の日記 ページに住んでる ことばと言葉 三月九日

その六二五 散歩する 一人歩けば 木洩れ陽差して 三月二十日

その六二六 しっぽって 言葉なんだよと 教えてくれた 三月二十九日

その六二七 あれをみて ともに見上げる あのひとつ星 四月六日

その六二八 信じるって ふたしかですが おぼろげですが 四月十五日

その六二九 時と言う 名前の列車 走り去っても 四月二十四日

その六三〇 ゆるされる ゆるされないと 花びらをはずす 五月五日

その六三一 ふりかえる ふりかえってみる 確かめたくて 五月十六日

その六三二 世の中を 渡るまえは ひとりだけれど 五月二十七日

その六三三 31文字 言の葉という 木の葉になって 六月二日

その六三四 傷口に さわらないでね 子供が言った 六月十一日

その六三五 伝えたい 輪郭さえも 声にならない 六月二十三日

その六三六 あの木陰 見つめている眼 放たれてゆく 七月五日

その六三七 眠ってる 記憶のなかの 引き出しを引く 七月十五日

その六三八 ゆびさきが 紙をさわって なつかしい音 七月二十七日

その六三九 じんせいの おしまいあたり 1ページだけ 八月八日

その六四〇 火曜日が とくべつだった 春のまんなか 八月十九日

その六四一 ログインじゃ ふれられないから ログアウトする 八月三〇日

 

 

うたたね日記1 うたたね日記2 うたたね日記3
うたたね日記4 うたたね日記5 うたたね日記6
うたたね日記7 うたたね日記8 うたたね日記9
うたたね日記10  うたたね日記11 うたたね日記12
うたたね日記13 うたたね日記14 うたたね日記15
うたたね日記16 うたたね日記17 うたたね日記18
うたたね日記19 うたたね日記20 うたたね日記21


 
もりまりこプロフィール


酒折連歌賞HOME | 山梨学院NEWSFILE HOME


all image and content are copyright Sakaori Renga Awards,all rights reserved. No reproduction without permission.